「為替デリバティブ」リスクを回避する方法 弁護士 本杉明義

弁護士による為替デリバティブ被害の救済

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • アクセス
  • 費用
03-3556-7441
  • HOME
  • 被害の実態
  • 解決方法
  • 解決実績
  • 選ばれる理由
  • 解決の流れ
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • メディア掲載
  • 最新情報

講演実績

「金融法学会第29回大会」2012年10月6日(土)

開催概要


日時/2012年10月6日(土)13時半~
会場/慶應義塾大学三田校舎

セミナー内容

 金融法学会は、東京大学神田秀樹教授、同岩原紳作教授等が理事を務めておられる権威と歴史のある学会で、年1回、テーマを決めて、大会が開かれています。
 今年は、「デリバティブ取引の現状と課題」というテーマで大会が開かれました。
 当日は、学会員の学者の方々、金融機関勤務の方々、弁護士等が約200人聴講し、岩原教授の挨拶で開会され、上智大学方が大学院森下哲朗教授、当職(本杉明義弁護士)、リンクレーター法律事務所和仁亮裕弁護士、東京大学神作裕之教授の順序で、1人約30分にわたって報告が行われました。
 学会での報告の概略は、金融法務事情1951号(2012年8月10日)に、また詳細な内容は、金融法研究29号に掲載される予定です。概略を説明すると、森下教授、当職、和仁弁護士より、最近の為替デリバティブ問題に関して、金融ADRの現状や問題点、今後の方向性、また法的な論点として、為替デリバティブ取引を巡る適合性原則違反、説明義務違反等の論点について、判例や文献及び諸外国の実情に基づいた報告が行われました。
 報告の後の約1時間30分にわたる質疑応答では、デリバティブ取引の中途解約時の解約清算金を巡る問題や金融ADRのあり方等について活発な議論が行われました。





第1799回金融ファクシミリ新聞社セミナー」2012年3月29日(木)

~為替デリバティブ取引の問題点と金融ADRの実情~

開催概要

日時/2012年3月29日(木)13時半~16時半
会場/小網町安田ビル
  
講師/弁護士 本杉明義(麹町大通り総合法律事務所 所長)
受講料/1人目 32,550円 2人目から28,980円

セミナー内容

1.為替デリバティブ取引の問題点
(1)商品内容の問題点
(2)販売方法の問題点     
2.為替デリバティブ取引を巡る紛争 
(1)商品性を問題視する論点
(2)契約の無効に関する論点
(3)契約の無効に関する論点
(4)説明義務違反に関する論点
(5)その他の論点
3.金融ADRにおける実情 
(1)金融ADRの内容
(2)解決事例の内容及び理由
4.民事訴訟における実情  
(1)民事訴訟の内容
(2)解決事例の内容及び理由



「為替デリバティブの損失対策セミナー」2011年4月27日(水)

開催概要

日時/2011年4月27日(水)14時~15時半
会場/ヴェルサール八重洲
  
講師/弁護士 本杉明義(麹町大通り総合法律事務所 所長)
受講料/一般 10,500円

セミナー内容

為替デリバティブによる損失対策
(1)為替デリバティブによる損失の状況
(2)通貨オプションとクーポンスワップ     
(3)損失が出ている場合の対応方法
(4)履行の停止と、取引銀行との関係
(5)中途解約、解約損害金について
(6)あっせん・調停・裁判で主張すべきポイント
(7)実際の解決事例
(8)デリバティブによる損失対策の留意点

当日は多くの企業様にお集まりいただきました。ご参加頂いた皆様、誠にありがとうございました。

 

 



「為替デリバティブ取引の問題点と対応策」2010年9月22日(水)

開催概要

日時/2010年9月22日(水)
会場/帝国データバンク東京支社
 
講師/弁護士 本杉明義(麹町大通り総合法律事務所 所長)

平成22年9月22日に、㈱帝国データバンク東京支社において「為替デリバティブ取引の問題点と対応策」について講演しました。 



為替デリバティブ被害の法律相談のご予約 麹町大通り総合法律事務所 03-3556-7441

弁護士費用

ご相談の流れ

サイト全体の目次

  
 HOME 当事務所が選ばれる理由 当事務所の解決事例 相談相手の選び方
被害の実態と問題点 為替デリバの解決方法 金融ADRによる解決 民事訴訟による解決
ご相談から解決までの流れ 業務内容と弁護士費用 事務所紹介 お問合せ