「為替デリバティブ」リスクを回避する方法 弁護士 本杉明義

弁護士による為替デリバティブ被害の救済

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • アクセス
  • 費用
03-3556-7441
  • HOME
  • 被害の実態
  • 解決方法
  • 解決実績
  • 選ばれる理由
  • 解決の流れ
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • メディア掲載
  • 最新情報
  • HOME
  • 当事務所が選ばれる理由

当事務所が選ばれる理由

 

ImgTop8.jpg  
 昨年より以前には為替デリバティブ被害に取り組む弁護士は極めて少数でしたが、最近はこの分野に取り組まれる弁護士も増えてきました。

 最近、ご相談に来られた企業の担当者様より、「私としては是非、先生に依頼したいのですが、ホームページで着手金0円を謳っている弁護士もいるため、社長に、あえて先生の事務所に依頼する理由を説明しなければならないのです。」というお話がありました。そこで、厚かましいようではありますが、当事務所の特徴を、以下にまとめてみました。

 

 

 

1)為替デリバティブ、通貨オプション取引の第一人者

 

 2012年以降、この分野に取り組む弁護士が増えてきましたが、当事務所は最も早くからこの分野に取り組んでいる事務所の1つであると思います。そのため、この分野の第一人者の1人として、2010年以降、日経ビジネス週刊ダイヤモンド帝国データニュースをはじめとする各種媒体に多数取り上げられております。
 また、2011年9月には、当事務所の代表弁護士本杉明義の著書『為替デリバティブ』リスクを回避する方法』(PHP社)が出版されています。

 

2)豊富な解決実績(200件以上の相談実績、数十件を代理人として解決)

 為替デリバティブなどの金融取引を巡る被害で苦しみ、弁護士を探しておられる皆様にとって、最も気になるのは、「実際に解決した実績があるのかどうか」であると思います。
 当事務所では、これまでに200件以上のご相談を受けており、現在も毎月10件程度のご相談をお受けしています。また、これまで数十件を代理人として受任しており、為替デリバティブ・通貨オプション・スワップ取引・投資信託等の金融商品被害を金融ADRや裁判にて、解決した実績があります。解決事例のページはこちら

 

3)為替デリバティブの情報・ノウハウの蓄積

 為替デリバティブ問題に取り組むに当たって、情報とノウハウの蓄積が何よりも大切であると感じています。例えば、当該案件にてADRを申し立てる際に全銀協を使うか、FINMACを使うか、といった判断は、類似案件を数十件かかえることによって得られる知見であると思います。
 このような判断の1つ1つが最終的な解決において1~2割もの違いとなります。為替デリバティブにおいては、1~2割は数千万円から数億円の差になりますので、このような情報・ノウハウの蓄積の有無が特に重要と考えます。

 

4)デリバティブ専門家のネットワーク

 当事務所は、他に先駆けてこの分野に取り組んでいることから、他の専門弁護士や金融の専門家の方々からお声掛け頂き、強固なネットワークを構築することができました。例えば、時価評価などは金融機関出身のコンサルタントに分析を依頼することで、より精度の高い訴訟活動を展開する事が可能になります。
 当事務所ではこれらの方々と常に情報交換をしながら、情報をアップデートしており、また、必要に応じて、これらの専門家の方々と一緒に事件の解決を図ることができます。

 

5)分かりやすい弁護士費用

 当事務所では、極力、ご相談者様・依頼者様に分りやすい費用を心掛けております。
 最近、「着手金0円」を謳う事務所が出現しておりますが、当事務所としては、「着手金0」というと「うまくいくかどうかわからないから着手金0円で・・・」というニュアンスは好んでおらず、また責任を持って業務を遂行するために、着手金を設定しております。
 また、「損害を回復できるかどうか」を判断する段階で事件としてお引き受けし、着手金を頂くのではなく、まずは「損害を回復できそうかどうか」の調査のみをお引き受けし、ご依頼者に無用な負担をかけることがないようにしております。



為替デリバティブ被害の法律相談のご予約 麹町大通り総合法律事務所 03-3556-7441

弁護士費用

ご相談の流れ

サイト全体の目次

  
 HOME 当事務所が選ばれる理由 当事務所の解決事例 相談相手の選び方
被害の実態と問題点 為替デリバの解決方法 金融ADRによる解決 民事訴訟による解決
ご相談から解決までの流れ 業務内容と弁護士費用 事務所紹介 お問合せ